ブランドの説明

どんな会社?
コピエロ・ジョバンニ社はベネト州パドヴァに位置し、46年間以上も馬肉の製品に特化して作り続けて来ました。
コピエロ社の先代は馬の農家であり、馬肉の美味さを生かしたブレザオーラの生産を始めました。以下にブレザオーラ・ディ・エクイーナの歴史やオススメな食べ方をご紹介します。

ブレザオーラ・ディ・エクイーナの歴史
「ブレザオーラ」を聞くと牛肉を使った生ハムを思い浮かぶことが多いかもしれませんが、実は馬のブレザオーラ・ディ・エクイーナは数百年の歴史を経て今に生き続けている伝統的なサルーミです。
紀元前から馬は戦の移動や戦闘手段として使用されていました。当時の中欧の蛮族は戦場で負傷した馬を無駄にしないために生で食べていました。5世紀にローマ帝国が終焉を迎えると、彼らは現在の北イタリアに侵略し、馬肉を食べる習慣を広めました。中世になると食肉の塩漬けの技術が生まれ、またオリエントとの交易により香辛料がもたらされ、香辛料の殺菌作用により塩分を控えながらも保存性が向上し、また食肉に風味が加わるようになりました。そして17世紀には食肉乾燥に技術が燻煙技術の導入により向上しました。乾燥室の床に炭の残り火をまくことで食肉の水分が少なくなり、肉の味を濃くすることができました。
“Bresaola” という名前の由来は、“brasa” (灰、ロースト) と “sal” (塩) の意味を持っています。これが馬肉に始まるブレザオーラの起源です。

ブレザオーラ・ディ・エクイーナのおすすめ食べ方
現代もベネトでは馬肉は多様な料理に使われています。
ブレザオーラは香辛料の香りや熟成の風味、そして赤身肉の旨みを生かすレシピも豊かです。

(1) 甘めのオリーブオイルにレモン汁と塩を微量、白胡椒を入れ、撹拌しヴィネグレットを作ります。薄くスライスしたブレザオーラヴィネグレットにくぐらせてから皿に盛りつけます。クエン酸の作用によりブレザオーラが赤く発色し、見た目に美しく、また、ルッコラを上に載せて供するのもお勧めです。

(2) マスカルポーネ70%、タレッジョ30%(またはクリームチーズでも可)を良く混ぜ合わせルッコラをアッシェにしたものを加えます。チーズのペーストを薄くスライスしたブレザオーラで巻き、ベネト産イチジクのジャムやザクロ等でアクセントを加えて供します。

(3) 赤ワインのリゾットを作り、仕上げにデに切ったブレザオーラを加えます。

Coppiello Giovanniの商品ページへ

ブレザオーラ・ディ・エクイーナ

その他ブランドの紹介


BURGAUD

CASTAING

ELEVAGE
DE BERRY

CAILLOR/LA FAISANDRIE
DE LA VIE

SAVEL

AU CHAPON BRESSAN

CAIVEAU

SOULARD

RENIERI

PIERRE OTEIZA


TETRABBIT



山形産
米澤豚


MAS DE BOUTONNET

HUILERIE BEAUJOLAISE


MARC PEYREY

MOULIN
DE GORBIO

SELCUK

BARNIER PRODUCTION

INOVFRUIT

MASSE

GUERANDAIS

ALAIN RIVIERE

FRANCOISE

BEKIARIS

AU BEC FIN

MAISON AROSTEGUY

CHABERT &GUILLOT

VERDIER

AGNEAU DE HORTOBAGY

VOLAILLE DE PATIS

MAISON PAPILLON

Le veau sous la mère

Mulot & Petitjean

Bergamote de Nancy

Rigolette Nantaise

Sucre d’Orge

Boeuf de Bazas
(バザス牛)

Tradition & Terroir

Upignac

Val Dieu

Maison Duculty

Agneau de Sisteron

Coppiello Giovanni

Parsut Cot di San Marino

Ricardo Fuentes

Hudson Valley

Nero Palma

Agneau de Lait Princier

Nesti
トップ>Foods(食品情報)トップ

カテゴリ別商品検索



当社の商品がお買い求めいただけるショッピングサイトです。