ブランドの説明

Boeuf de Bazas(バザス牛)とは?

フランス南西地方ボルドーから60km離れたバザス村を中心とした限られた地域のみで飼育された大型牛。春から夏の間は自然豊かな牧草地を遊牧し、その後、肥育させます。

※飼育地域は主にジロンド県、およびランド県・ジェール県・ロット・エ・ガロンヌ県の一部
また、2008年、対象地域で生産されていることを保障するIGP(Indication Géeographique Protégée:原産地表示保護)を取得しており、飼育はCahier des Charge(仕様書)を遵守されています。

品種:
バザス種とブロンド・アキテーヌ種。
成牛は、雄牛1300~1600kg、牝牛850~1100kg。
飼料:
シリアルとほし草をベースとした飼料
(トウモロコシ、大麦、ウマゴヤシ、亜麻など)
肥育:期間は5~13か月
熟成:最低10日間
特徴:
バランスの良い骨格に、厚く丸みを帯びた筋肉がついており、身体の長さは際立っている。霜降り肉と繊細な繊維が格別で、肉はとても柔らかく、味わい深い。

歴史

バザス牛の歴史は13世紀に遡ります。当時、“マルディグラ(謝肉祭)”のお祭りでは、飼育業者が神への忠誠を誓うため村の司教に牛肉を献上していました。最高の贈り物にと飼育業者は最良品種であるブロンド・アキテーヌ種とバザス種の品種を選び、最高の技術をもって肥育したのが始まりです。今でも“マルディグラ”の木曜日には選りすぐられた美しいバザス牛が多くの観光客が賑わうバザスの通りを練り歩きます。

Boeuf de Bazas(バザス牛)の商品ページへ

フィレ サーロイン ランプ リブロース骨付き
バヴェット・アロワイヨ バヴェット・フランシェ オングレ

その他ブランドの紹介


BURGAUD

CASTAING

ELEVAGE
DE BERRY

CAILLOR/LA FAISANDRIE
DE LA VIE

SAVEL

AU CHAPON BRESSAN

CAIVEAU

SOULARD

RENIERI

PIERRE OTEIZA


TETRABBIT



山形産
米澤豚


MAS DE BOUTONNET

HUILERIE BEAUJOLAISE


MARC PEYREY

MOULIN
DE GORBIO

SELCUK

BARNIER PRODUCTION

INOVFRUIT

MASSE

GUERANDAIS

ALAIN RIVIERE

FRANCOISE

BEKIARIS

AU BEC FIN

MAISON AROSTEGUY

CHABERT &GUILLOT

VERDIER

AGNEAU DE HORTOBAGY

VOLAILLE DE PATIS

MAISON PAPILLON

Le veau sous la mère

Mulot & Petitjean

Bergamote de Nancy

Rigolette Nantaise

Sucre d’Orge

Boeuf de Bazas
(バザス牛)

Tradition & Terroir

Upignac

Val Dieu

Maison Duculty
トップ>Foods(食品情報)トップ

カテゴリ別商品検索



当社の商品がお買い求めいただけるショッピングサイトです。