ブランドの説明


ハンガリーにおけるウサギの歴史
家畜としてのウサギの飼育はイベリア半島が原産で西暦1000年ごろが起源とされています。
その後大航海時代にローマ人が欧州各地に伝え、ハンガリーにもその当時に伝わりました。
ハンガリーでは他のヨーロッパと同じように元々は農家のタンパク源として飼育、肉は自家消費し毛皮を販売し利益を得ており、当時は市場で売ることも殆どありませんでした。 1960年代に農家での飼育が活発になり、1990年代には産業として栄える様になりました。
現在90の中規模農家が農家あたりおよそ100羽の繁殖用雌ウサギを飼育しており、合計で100,000羽の繁殖用雌ウサギを飼育しています。
ハンガリーの輸出相手国はスイスが最も多く、またイタリア、ドイツ、フランスにも出荷される。迅速な出荷、輸送体制、及び品質の成果により、今日ハンガリーはヨーロッパの中では最も大きなウサギの輸出国です。

商品の特徴


Relax Rabbitの飼育方法の開発
昔ながらの飼育方法を再現しました。狭い籠から解放させ、藁と木屑を敷き詰めた大きなケージで30-40羽が飼育されています。清潔で広いケージ内には音楽がながれ、歯を綺麗にするための木の棒や乾燥コーンが設置され、また遊ぶためのトンネル状の筒や、塩分補給の塩塊なども整っています。リラックスして自由に歩き回ることにより、ストレスなく、しなやかな筋力をもつ肉質に仕上がります。

自然に近い餌
抗生物質やホルモンを一切投与せず、干し草やニンジン、木切れなどの天然飼料を与えています。ウサギ用の飼料も与えますがドイツのOVO保証で認証された物に限られます。 抗生物質、ホルモンを与えない飼育管理は獣医師が行う徹底ぶりです。 飼育場所、環境、餌を含め全て野生のウサギの生活環境を再現することにより、特に脂肪酸の質が大幅に改善され味わいが良くなることが判りました。 13週という長期間大切に飼育され、屠殺時の生体重量は2.2-2.6kg。 この様な環境で飼育されたRelax Rabbitは家庭用のタンパク源では無く、高級レストラン、ハンガリー、または世界のグルマンに届ける為に生産されています。

(通常のウサギ)
ヨーロッパ内での殆どの生産方式ではありますが、約30x40x30cmのケージ内に2-3羽入っており、殆ど動くスペースが無く、まさにブロイラー飼育状況と同じです。 賭殺は10週目、ケージ内を歩くことができない為足が退化しており、ケージから出してもうまく歩くことができない状況。飼育小屋には12,000/羽が飼われています。

TETRABBITの商品ページへ

リラックスラパン

その他ブランドの紹介


BURGAUD

CASTAING

ELEVAGE
DE BERRY

CAILLOR/LA FAISANDRIE
DE LA VIE

SAVEL

AU CHAPON BRESSAN

CAIVEAU

SOULARD

RENIERI

PIERRE OTEIZA


TETRABBIT



山形産
米澤豚


MAS DE BOUTONNET

HUILERIE BEAUJOLAISE


MARC PEYREY

MOULIN
DE GORBIO

SELCUK

BARNIER PRODUCTION

INOVFRUIT

MASSE

GUERANDAIS

ALAIN RIVIERE

FRANCOISE

BEKIARIS

AU BEC FIN

MAISON AROSTEGUY

CHABERT &GUILLOT

VERDIER

AGNEAU DE HORTOBAGY

VOLAILLE DE PATIS

MAISON PAPILLON

Le veau sous la mère

Mulot & Petitjean

Bergamote de Nancy

Rigolette Nantaise

Sucre d’Orge

Boeuf de Bazas
(バザス牛)

Tradition & Terroir

Upignac

Val Dieu

Maison Duculty

Agneau de Sisteron

Coppiello Giovanni

Parsut Cot di San Marino

Ricardo Fuentes

Hudson Valley

Nero Palma

Agneau de Lait Princier

Nesti
トップ>Foods(食品情報)トップ

カテゴリ別商品検索



当社の商品がお買い求めいただけるショッピングサイトです。